化粧水と美容液のHanaemi(ハナエミ)は使わないと損?

Hanaemi_0001

寒い時期になると「インナードライ」という言葉を、よく耳にするようになるかもしれません。

インナードライとは、お肌の表面はベタついているのに、内側は乾燥している状態のことを言います。

これは、お肌の水分と油分のバランスが崩れてしまっていることから引き起こされています。

人の体の大半は水分が占めています。

もちろん水分はお肌にも欠かせません。

間違ったスキンケアなどでも水分が失われることによって、シミやシワなどの様々なお肌トラブルへ繋がります

スキンケア後、お肌表面がぺっとりとしていて翌朝もテカテカしていることはありませんか?実は、潤いが内側までしっかりと浸透してしているときには、そんなことはないんです。

お肌へ潤いをしっかりと届ける。お肌へ「浸透させる」ことだけを追求したスキンケア化粧品、「Hanaemi(ハナエミ)」のご紹介です。

化粧水の役割

まずは、化粧水の役割についてお伝えします。

いつものクレンジングや洗顔でも、お肌の水分は失われてしまいます。

化粧水は失われた水分を素早くを補う役割を持つほか、角層へ潤いを届けることで肌が柔らかくし、しっとりとした滑らかな肌に整えます。

このことから、美容液などを浸透しやすくする役割もあります。

お肌には水分が必要不可欠なため、化粧水はとても重要です。

美容液の役割

次に、美容液の役割についてお伝えします。

美容液の役割は、気になる肌悩みに働きかけ集中的にケアをします。

目的に合わせて高い美容効果を発揮すものだと言われています。

今注目を集めるHanaemi(ハナエミ)を紹介

化粧水はもちろん、美容液もお肌のケアには欠かせない存在です。

それぞれの役割や重要性がわかったところで、なぜHanaemi(ハナエミ)が注目をされているのかをご紹介します。

Hanaemi(ハナエミ)が、他の化粧品と大きく違うのは「化粧水」と「美容液」のふたつでお肌へアプローチをしてくれるという点です。

お肌に何よりも大切な水分に着目し、「浸透」を追求した「2ステップ基礎化粧品」です。

また、たくさんの成分が入っていながらもシンプルなボトルのデザイン。

そして化粧水、美容液ともに「ベタつかない」「さらさら」など、見た目や使用感も良いことからクチコミでも好評の化粧品です。

Hanaemi(ハナエミ)の効果と成分

Hanaemi_002

Hanaemi(ハナエミ)は、お肌の内側の角質層までをたっぷりの水分で満たし、3層のバリア機能で包み込むことから、乾きが満たされたあとも水分を外へ逃がしません。

これが繰り返されることによって、使うたびに潤いやしっとり感、透明感やハリを感じられるようになります。

また「ハリ・弾力(EGF・FGF)」「明るさを取り戻す(ルナホワイトなど)」「先進の還元成分(水素など)」に加えて、植物プラセンタ・幹細胞エキスの成分。

そして、8種類の複合美容オイルなどの成分が、外部の刺激からお肌を守り、整えてくれます。

肌を潤わせる

スキンケアの基礎にもなるのが「お肌に水分をしっかりを入れる」ことです。

このため、Hanaemi(ハナエミ)では100円玉大の化粧水を3回に分け、水分をたっぷりとお肌へ入れていきます。

お化粧をするにもスキンケアをするにも、土台となるのは化粧水で潤いが満たされたお肌があってこそ。

ここができていなければ、お化粧のノリもなかなかよくはなりません。

何をするにもまずは化粧水をしっかりを使い、お肌に潤いを与えることが大切です。

3層のバリアが潤いを包み込む

3層のバリアを形成する成分は以下の通りです。

①複合ヒト型セラミド
②サクラン
③8種の複合美容オイル

セラミドが失われるとハリやうるおいに影響が出てきます。

ヒト型セラミドは、肌になじみやすく優れた保水力からバリア機能をサポートしてくれます。

水分を挟んで外へ逃がしません。

また、それだけではなく、肌内部の水分の蒸発を防ぐ保護膜として効果もあるサクランや、8種類も入った複合美容オイルで、化粧水から与えられた潤いを閉じ込めることができます。

肌環境をサポート

ハナエミの化粧水は、成分配合の比率やバランスを徹底的に研究されています。

Hanaemi_003

「乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)/セイヨウナシ果汁発酵液」は、角質をやわらかくし、浸透へ対しアプローチをする役割があります。

また「グリセルグルコシド」は、お肌の中にある水分の循環リズムを正しくすることが期待されているので、肌環境のサポートへもつながります。

さらには、肌の弾力などを作るチカラを守る成分があるほか、新陳代謝を促してターンオーバーの周期を正すなど、肌をサポートする役割を持っている成分も含まれています。

浸透技術にこだわり

Hanaemi(ハナエミ)は浸透技術にこだわりがあり、「ナノバブル水素水」といわれる技術でお肌の角層部へ成分を届けます。

Hanaemi_004

ナノバブルは、通常のバブルによりもはるかに小さく、そのなかに水素分子を閉じ込めています。

水素は悪玉活性酸素と結びつき、除去をする働きがあります。

ナノバブルは肌に触れてしばらくすると割れますが、それまでバブルの中の水素は出ていきません。

宇宙一小さいとされている元素の水素をナノバブルにすることにより、よりいっそう行きわたらせることが可能となります。

高保水ベールでバリア機能を形成する

スイセンジノリから抽出した成分の「サクラン」が、お肌の水分をキープすることで「高保水ベール」が成形されます

Hanaemi_005

「スイセンジノリ」とは、非常に透明度の高い湧き水の中に生息している希少な藻ランです。

そこから抽出されたのが「サクラン」です。一般的に化粧品の保湿・保水として用いられるヒアルロン酸は、1gで6Lの水分を保持できます。

ですが、サクランは一般的なヒアルロン酸の5倍!

このため、サクランは長時間にわたって水分を閉じ込めることができ、お肌表面の水分をしっかりキープします。

8種の複合美容オイル

Hanaemi(ハナエミ)には、お肌の水分の蒸発を防ぐために8種類の複合美容オイルが入っています。

Hanaemi_006

・アルガンオイル(皮膚の水分・油分を補い保つ)
・スクワラン(乾燥を防ぐ)
・ホホバ種子油(皮膚の保護成分)
・ローズヒップ油(保湿効果)
・マカダミア種子油(肌荒れを防ぐ)
・アボカド油(皮膚の水分・油分を補い保つ)
・メドウファーム油(皮膚の水分・油分を補い保つ)
・ノバラ製油(保湿効果)

8種類のうちすべてに保湿効果のある成分が含まれています。

また、酸化を防ぐ成分や皮膚を柔らかくしてくれる成分も多く入っていることから、水分を保持するだけでなく、トータル的にお肌へアプローチをしてくれることがわかります。

Hanaemi(ハナエミ)の化粧水の使い方

Hanaemi(ハナエミ)の化粧水の使い方をお伝えします。

まずは100円玉大の化粧水を手に出します。

次に、手のひらの温度で化粧水をあたため、やさしく押さえながらしっかりとお肌へなじませましょう。

1回に使用する化粧水の量は、約3.3mlです。

100円玉大を3回に分けて繰り返しお肌へなじませてください。

「うるおった」ことがわかるポイントは、指でお肌を押したときの弾力です。

そして、お肌がさらさらしている状態であれば、浸透している証拠です。

化粧水を使用するタイミングは、朝・夕です。

Hanaemi(ハナエミ)の美容液の使い方

Hanaemi(ハナエミ)の美容液の使い方をお伝えします。

美容液を3~4プッシュ分、手のひらに取ります。

そしてお肌に水分を閉じ込めるように、全体へやさしく美容液をひろげてください。

1回分の目安は、約0.5mlです。

美容液に使用されているワイルドローズの香りには、ストレスを鎮静させる効果があると言われています。お肌をケアをする時間がリラックスタイムにも。

美容液を使用するタイミングは化粧水と同様に、朝・夕です。

Hanaemi(ハナエミ)がなぜおすすめなのか

Hanaemi(ハナエミ)は、お肌にうれしい成分が入った化粧水と美容液を徹底的にお肌の内側へ届けることをいちばんに考えて作られています。

また、使用感は「さらっと」「さっぱり」でありながら翌日はしっかり潤っている」「しっとりさらさら」というクチコミも多くあります。

潤っているのはわかるけどぺっとり感が苦手な方へもオススメです。

そして、それだけではなく6つのフリーとして、石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・パラベン・アルコールなど、肌トラブルのきっかけになりやすい成分が使われていません。

そのことから「肌荒れ」をしている方や「お肌が弱い」方でも比較的選びやすいかと思われます。

トラブルを引き起こしかねない成分が入っていないというのも、ありがたいですよね。

お肌に余計なものは与えないというやさしい処方であり、年齢を気にせず何歳からでも使えることから、幅広い年齢層の方へ愛用されています。

Hanaemi_007

Hanaemi(ハナエミ)の口コミ・評価を調査

毎日使う化粧品だからこそお肌への負担をなるべく低くし、ストレスも少なく使っていただけるように作られたHanaemi(ハナエミ)。

美容オイルには保湿成分だけではなく肌なじみの良い成分が入っているのも、使い続けたくなる気持ちにさせてくれるのかもしれません。

お肌へ徹底的に「水分補給」をすることで内側を潤し、しなやかで健やかな肌へ導くハナエミの口コミ・評価を調査しましたので、ご紹介します。

Instagramでの口コミと評価

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ふじこ(@fuji_9720)がシェアした投稿

※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ⓞⓣⓞⓚⓤⓒⓗⓐⓝ(@otoku_days)がシェアした投稿

※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません

化粧水、美容液ともに「さっぱり」「ベタつきなしのコメントが多くあります。

そして「保湿はこれで大丈夫?」と思ってしまうほど使用感はさっぱりながら、翌日にはしっかり潤いがお肌の内側にあることが感じられ、お化粧をした日中も乾燥を感じにくいという口コミも寄せられています。

公式サイトからHanaemi(ハナエミ)をGET

Hanaemi(ハナエミ)は公式サイトから購入することができます。

4つの特典あり!公式サイトからの購入がお得です!

Hanaemi(ハナエミ)の商品価格

化粧水2本+美容液1本 価格
通常 16,500円(税込)
初回限定(定期お届け便) 3,938円(税込)
2回目以降(定期お届け便) 9,900円(税込)

通常価格は、化粧水2本と美容液1本で、16,500円(税込)です。

ですが、定期お届け便なら初回限定特別価格で76%OFFの3,938円(税込)です!

なんと12,562円もお得にお買い求めいただけます!そしてもちろん送料も無料

さらには、2回目以降も通常価格より6,600円OFFの9,900円(税込・送料無料)でのお届けとなります。

4大特典がお得

定期お届け便限定4大特典についてご紹介です。

  • 特典1:いつでも解約可能!購入回数の縛りなし!
  • 特典2:30日間全額返金保証!
  • 特典3:送料・手数料がずっと無料!
  • 特典4:2回目以降もずーっと6,600円OFF!

【特典1】いつでも解約可能!購入回数の縛りなし!

購入回数のしばりはなく、解約金も必要ありません。
また解約時の無理な引きとめはないので、安心してお試しいただけるかと思います。

※解約時は電話で、次回発送の10日まえに連絡をしてください。

【特典2】30日間全額返金保証!

お肌に優しい成分でできている化粧品とはいえ、合う合わないがありますよね。
少し使ってみて、もし合わないようなら、注文日から30日以内であれば全額返金してもらえます。

※ただし電話での連絡の上、容器の返却が必要になります。

【特典3】送料・手数料がずっと無料!

通常送料の500円と支払いの時に発生する手数料が、定期お届け便ならずっと無料です。

【特典4】2回目以降もずーっと6,600円OFF!

通常価格だと16,500円(税込)の化粧品2本と美容液1本が、定期お届け便の2回目以降は9,900円(税込)で届きます。ずっと6,600円OFFの価格で購入できるのは嬉しいですよね。

Hanaemi(ハナエミ)を使って肌に潤いを取り戻す

Hanaemi_008

Hanaemi(ハナエミ)をご紹介しました。

お肌の水分補給は夏も冬も関係なく重要ですが、空気がカラカラに乾き、寒くなってくる秋冬の季節ほど、暖房器具と相まってお肌の乾燥は加速します。

ですが、寒さから身を守るためにはお部屋の暖かさは捨てられませんよね。

だからこそ、お化粧をする前とお化粧を落とした後には、しっかりとたっぷりと水分をお肌に入れてあげましょう。

水分不足が引き寄せる乾燥は、シワやたるみ、ごわごわ肌や吹き出物など様々な肌トラブルや肌老化を引き起こします。

とくに肌老化は、気付いた時には手遅れ、なんてことも…。いくつになっても健やかなお肌でいたいですよね。

いつも使っている化粧品に潤いが感じられない、べトベトするなど実感できない場合には、すでにお肌が「インナードライ」の状態になっており、お肌内部の水分と油分のバランスが崩れてしまっているかもしれません。

お肌にきちんと水分補給ができ、潤いを取り戻すことができればインナードライは改善の流れに乗り、様々なお肌トラブルや肌老化も緩和されます。

まずは3か月、お肌を水分で満たしてみませんか?